Live Free or Die

"Live Free or Die"
この物語の主人公、ユリシーズ・スペンサー・アダムスの所属した部隊のモットーでもある"Live Free or Die"
これは独立戦争の際のある将軍の名言の引用であり、アメリカの哲学を表す文言でもあります。
もともとは「自由のためならば死ぬまで戦う」という意味でありますが、今回はアダムスと、その仲間たちの"自由"を表現したストーリーとなります。

今回は、アダムスの所属した部隊で捕虜のナチスの船員から奪った青いキャンバス生地と、グレーのナイロンのリバーシブルダウンパーカーや、機械作業中に着用するために配給された、機械工用のヒッコリーストライプのオーバーオールや、肘にパディングを備えたスウエットシャツ。
一番のお気に入りの衣料品店、Sailor's Clothing & Supply Coに注文を入れ、購入したトラウザーズを2本(デニムのシーマンズトラウザーズとカーキのフィールドトラウザーズ)、ユニークな高いショール襟を持つプルオーバーシャツ(デニムとヒッコリー)、そしてアラスカ湾の厳しい寒さと風をしのぐためのヘビーネルのCPO。
更に、母親から送って貰った、首の周りに高く上がるフードが付いていたスウェットシャツ、暖かいウールショールの襟付きセーターなど。
そして、撃墜した日本の飛行機の残骸から見つけた、厚手の日本の藍染めの布で作られた剣道着のトラウザーなど、様々なアイテムがストーリに登場します。
今回の2017 AWコレクションは、"John Gluckow"ブランドの精神を表しています。
高品質、良いフィット感、ユニークなデザインが、歴史に対する鋭い目線と、現代の世界で偉大に見える衣服を作るための献身と並んでいます。
アダムスの部隊のモットーが「Live Free or Die!」であったように、私たちのモットーは「Ancient & Modern」です。
それぞれのコレクションすべてに、そしてそれぞれの作品すべてに、私たちが吹き込む歴史とスタイルを楽しんでくださっていることを願っています。
皆様の成功を祈ると共に、立ち寄りくださったことに感謝を述べます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7