PIRATE OF BLUE DYE

〜PIRATE OF BLUE DYE 青い染料の海賊〜

アメリカが独立宣言後にようやく国として機能し始めた頃の1789年から現代まで残った貴重な1800年代のワークウェアのパテント資料から今季のコレクションの物語は始まります。
数々の秀逸なワークウェアの記録の中には、個性的かつ無骨なデザインのパテントを膨大な数で取っている者がいました。
ディエンという名のアジア系移民の彼のデザインは、他の追随を許さない斬新なものばかりでした。
そんな彼のパテント資料は、とても人間一人ではすべてを考えつけるわけがないと思われるほど、様々な国や時代の衣服の要素を持っていました。
ディエンにはある逸話がありました。
彼が取ったパテントには、伝説の海賊船フライング・ダッチマンを冠したブランド名で登録されているものも多くあったため、彼の生み出すデザインはフライング・ダッチマンに乗り込むことにより、世界の海だけでなく、大地や空、果てまでは時空を超えて航海をし、そこで目にしたものからインスピレーションを受けることで生み出したのではないかと言われるようになったのです。
そんな逸話を持つディエンの生み出したアイテムの数々を、彼の航海の軌跡と一緒に再現していくコレクションが今季のPIRATE OF BLUE DYEになります。




This season's collection is starting from obscure documents of work wear from 1800’s which covered from 1789, the time USA independence declaration happened.
There was a guy who was taking so many patents with his unique and rugged designs in a number of excellent work wear patent records.
His name is Dien, an Asian US immigrant. His designs of clothing were innovative and cutting-edge which no one could catch up with. His patent documents had various elements of clothing from various countries and eras.
There is an anecdote about him.
Since many of his patents were registered as a brand called Flying Dutchman, the legendary pirate ship, people thought his designs must be created by his inspirations which developed through in his experiences in joining the pirates and exploring not only seas of the world, but also grands, the skies and even space-time with them.

The concept of Pirate of Blue Dye is to reproduce the items which Dien created along with following his footsteps of his journey.

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

14