JOHN GLUCKOW 2017A/W "Live Free or Die" Sailors Working Trousers デニム [JG23309]

JOHN GLUCKOW 2017A/W "Live Free or Die" Sailors Working Trousers デニム [JG23309]

販売価格: 30,000円(税別)

サイズ:
数量:
JOHN GLUCKOW 2017A/W "Live Free or Die"
Sailors Working Trousers デニム

シンプルながら、特徴的なデザインを合わせ持つトラウザー。
珍しい形状のポケット口や、アウトシーム(外側のステッチ)がない縫製など、当時のヴィンテージパーツをそのまま再現。
素材には10オンスのデニム生地を使用し、内側には"Live Free or Die"のステンシルプリント。
ボタンは4つ穴の樹脂ボタン。
シルエットは、テーパードなどかかっていない、裾まで真っ直ぐなトラウザータイプのシルエット。
ベーシックなスタイルで着用頂け、ワークやミリタリーなど様々なコーディネートに着用頂ける1本となります。


"Live Free or Die"
この物語の主人公、ユリシーズ・スペンサー・アダムスの所属した部隊のモットーでもある"Live Free or Die"
これは独立戦争の際のある将軍の名言の引用であり、アメリカの哲学を表す文言でもあります。
もともとは「自由のためならば死ぬまで戦う」という意味であるが、アダムスの仲間たちは「自由」を他の方法で表現。
アラスカの寒さと荒廃は耐え難いものであり、その厳しい環境で生きるダッチハーバーの男達は、限られた方法でストレスを解消していた。
彼らが生きる小さな町のバー「ブラッキーズ」は基地の町で唯一酒が飲める施設でありながら、度々勃発する喧嘩で武器として使われることがないよう、椅子などが置かれることはなかった。
そして「プレジャー・アイランド(喜びの島)」は地元の売春宿で、孤独な船員たちは安い金額で刹那的な慰めを得ることができた。
男達は 「"自由"に生きて」戦争を生き延びていました。

今回のアダムスの冒険の数々を共にした2017 AWコレクションは、"John Gluckow"ブランドの精神を表しています。
高品質、良いフィット感、ユニークなデザインが、歴史に対する鋭い目線と、現代の世界で偉大に見える衣服を作るための献身と並んでいます。
アダムスの部隊のモットーが「Live Free or Die!」であったように、私たちのモットーは「Ancient & Modern」です。
それぞれのコレクションすべてに、そしてそれぞれの作品すべてに、私たちが吹き込む歴史とスタイルを楽しんでくださっていることを願っています。



"W28" ウエスト 73cm レングス 83cm 股上 28cm ワタリ 31cm 裾幅 24cm

"W30" ウエスト 78cm レングス 83cm 股上 28.5cm ワタリ 32.5cm 裾幅 25cm

"W32" ウエスト 83cm レングス 83cm 股上 29cm ワタリ 34cm 裾幅 26cm

"W34" ウエスト 88cm レングス 87cm 股上 29.5cm ワタリ 35.5cm 裾幅 27cm

"W36" ウエスト 93cm レングス 87cm 股上 30cm ワタリ 37cm 裾幅 28cm