"JOHN GLUCKOW" 2018 A/W "Trailblazer" Deep Freeze Parka カモ×カーキ [JG33415]

"JOHN GLUCKOW" 2018 A/W "Trailblazer" Deep Freeze Parka カモ×カーキ [JG33415]

販売価格: 128,000円(税別)

サイズ::
数量:
"JOHN GLUCKOW" 2018 A/W "Trailblazer"
Deep Freeze Parka(ディープフリーズパーカー) カモ×カーキ

先シーズンもオススメで人気のアイテムだった、こちらの"Deep Freeze Parka(ディープフリーズパーカー)"
ヴィンテージアイテムでも非常に珍しい、第二次世界大戦中のドイツ軍のリバーシブルのダウンジャケットがモチーフとなります。

表地の生地は、アーシーカモフラージュ柄のコットンツイル生地。
裏側の生地は、単色のカーキカラーのコットン60% ナイロン40%のコットン・ナイロン生地を使用。
今回は、両カラーともミリタリー色が強く、よりトラディショナル雰囲気に仕上がっております。
両方の生地共、着込んで頂くと馴染んできて、経年変化を楽しんで頂けます。
昨年同様、ダウンにキルト型のステッチを掛けております。
今シーズンは、より機能性を向上させるためにキルト型のステッチを大きくしました。
オリジナル同様のキルティングステッチにしてしまうと、ダウンを圧縮してしまい、ふくらみが抑えられ暖かさが半減してしまいます。
今季のパーカーは昨年以上にしっかりと暖かい空気を含み、よりボリューム感のある見た目、そしてより高度な保温性を実現してくれています。
ボタンは、アメリカ製の樹脂ボタン。
前立も二重構造で、通常のダウンジャケットより、遮風性の高い作りに。
ウエスト部分、裾にはドロコードも付いていて、下からの風の侵入を極力シャットアウト出来ます。
大きめのフードが機能的で、防風性も抜群。
ダウンジャケットらしい、丸みも少なく、スッキリと着用頂けるのもポイントです。
歴史的にも少なく、モチーフとして生産されることも珍しいリバーシブルタイプのダウンジャケット!!
圧倒的に珍しい機能性と、昨年以上にスタイリッシュに着て頂けるデザイン性を兼ね備えた、オススメのダウンジャケット。
是非、今季はお買い逃しの無いようお早目にご覧下さい。


"XS" 肩幅 41.5cm 身幅 48cm 着丈 66.5m 袖丈(肩上〜) 58.5cm

"S" 肩幅 43cm 身幅 51cm 着丈 69.5cm 袖丈(肩上〜) 60.5cm

"M" 肩幅 45cm 身幅 53.5cm 着丈 71cm 袖丈(肩上〜) 62cm

"L" 肩幅 47cm 身幅 56.5cm 着丈 72.5cm 袖丈(肩上〜) 63.5cm

"XL" 肩幅 49cm 身幅 59.5cm 着丈 74.5cm 袖丈(肩上〜) 64cm


"Trailblazer"
今年の春、“Trail Blazing”-トレイルブレイジング-のコンセプトを発表しました。
そして2018AW では更にこの世界が広がります。僕達の英雄、ユリシーズ・スペンサーが仕事、そして生活する為にまだ若い(新しい)州でもあったユタに住む伯父のサイラスのところへ旅行しました。
トレイルを作る事そしてアメリカのもっとも美しいとされる州の中のひとつにあたる、国有地(公有地)の一つを調査する事はユリシーズに独特な(貴重な)機会そしてアメリカの本質に対する新鮮な見方を与えました。
彼が後にしたニューヨークシティとは全く異なり、ロッキーの原生自然はユリシーズに彼自身の人生、そして未来についてもっと大きく、広く考える事を教えてくれました。
今、煤けた小さな街のストリートに滞在する事は彼にとっては不可能な事のように思えました。
伯父サイラスと一緒に働いた後、ユリシーズはもっと世界を見てみたい衝動に掻き立てられました。
そして遂に彼はキャンプ、ハイキングをしながら針路を西にとりサンフランシスコに向かいます。
そして海での生活を送ります。
ただその前に彼のユタでの経験をもう少し。そうです。冬の到来です。ユタの冬は厳しく、原生自然を自力でハイキングして通過する事を許しません。ユリシーズは西へ出発する前に、その冬を叔父のサイラスと切りぬけます。そして彼はワサッチ山脈の冬を切り抜ける為新しい道具(ギア)が必要でした。
伯父のサイラスはどこでその道具を買えるか知っていました。
第一にユリシーズが必要だったものはキツイ仕事そして厳しい気候に耐える為のレザーコートでした。
なので、彼はホースハイドのコートをStrongarm Clothing & Supply Catalog からオーダーしました。
これは良くある在りきたりなレザーコートとは違い、ニットカラー(襟)のついたリバーシブルコートで寒気をシャットダウンするといったものでした。
そして地元の商店で、彼らはそのレザーコートの下にレイヤーとして使う為のウールベスト、そしてユリシーズが仕事の日に着る為のストライプのワークジャケットをピックアップしました。
ユリシーズの冒険は、いつかは終る日が来ます。ただあなた方は違います。 今季のAW のコレクションは冒険し続ける貴方の助けになるでしょう。ユリシーズの冒険の為の道具に加え、いつくかの僕等のお気に入りをとても新しい形でリリースしています。
例えば、前回大変人気を博した、Deep Freeze Parka はカモフラージュ×カーキの生地を使用した全く新しいカタチで
仕上げております。そしてField Trousers Special は僕達のスタンダードのミリタリートラウザーをリバーシブルにしてお
ります。僕達は常に前進し続けます。その一方では過去に目を向ける事も忘れません。
Ancient & Modern と僕達が言っているように。


〜JOHN GLUCKOWの説明文〜
2017秋冬コレクションで、ビッグヒットとなったトナルブルーとグレイのリバーシブルのダウンコートDeep Freeze Parkaを(以下DFP)作成しました。
DFPを作るきっかけとなったオリジナルのビンテージの服の色は緑で、裏側は白でした。それ故、もっとトラディショナルなアーミーの色でもう一つパーカーを作ろうと考えていました。なので、今季のDFPはカーキの60/40クロス(Cotton/Nylon)サイド、そしてアーシーカモフラージュ柄のコットンツイルサイドです。そしてボディにフィットし、そして着心地を優先し考えながら、少しひねりを加えています。
今シーズンは、より機能性を向上させるためにキルティングスクウェアを大きくしました。オリジナルのビンテージのDFPのキルティングスクウェアの大きさ同様にしてしまうと、ダウンを圧縮してしまい、ふくらみが抑えられ暖かさが半減してしまいます。今季のパーカーはしっかりと暖かい空気を含むので、よりボリューム感のある見た目、そして昨年作成したものよりも暖かくなるでしょう。
是非現代のスタイルと合わせて一緒に着てください。

For AW 2017, we made a big hit with the Deep Freeze Parka, our reversible down coat, in tonal blue and grey. The original vintage garment that inspired the DFP was green, reversible to white, which got us thinking about making another parka in more traditional "army" colors. So, this season's DFP has a cotton/nylon side in khaki and a cotton twill side in an earthy camouflage. We made a few tweaks to the body, as well, primarily for fit and comfort. We also enlarged the quilting squares: you see, when you make the squares as small as the original vintage DFP, it constricts the down feathers, making it less puffy, and thereby, less warm. This seasons parka should have a fuller look and should wear warmer than last season's.... wear it in style!

詳細写真/Photos

  • 身長173cm 体重63kgの森ちゃんでMサイズ着用。
    厚手のシャツを着て丁度良いサイズ感です。
  • 身長173cm 体重63kgの森ちゃんでMサイズ着用。
    厚手のシャツを着て丁度良いサイズ感です。
  • 身長173cm 体重63kgの森ちゃんでMサイズ着用。
    厚手のシャツを着て丁度良いサイズ感です。
Please send us a message HERE or send a mail to info@jelado.com for overseas purchases. We only accept Paypal.