RED WING 1920's OUTING BOOT ツートンブーツ Hawthorne"Muleskinner"& Teak "Featherstone" [RW8827]

RED WING 1920's OUTING BOOT ツートンブーツ Hawthorne"Muleskinner"& Teak "Featherstone" [RW8827]

販売価格: 37,000円(税別)

サイズ::
数量:
RED WING 1920's OUTING BOOT ツートンブーツ
Hawthorne"Muleskinner"& Teak "Featherstone"

RED WING 1920's OUTING BOOT(アウティングブーツ)は、1920年代に存在したレッドウイングのアウトドア用シューズを再現した物です。
この1920年代の個性あふれる靴「アウティングブーツ」を再現するにあたり、当時のアッパーデザインを、ほぼそのまま再現。
当時のブーツのつま先に入っていた小さな先芯は入れず、フラットボックス(先芯なし)として生産。
ソールには、同年代にアメリカで誕生したグリップ力に優れたアウトドア用の靴底、グロコード「キングB」ソールを組み合わせました。
アッパーは、アイアンレンジのオイルドラフアウトである、ホーソーン・ミュールスキナー(スエード)と、ティーク・フェザーストーンレザー(表革)のコンビの組み合わせ。
通常のスエードに比べると茶色味掛かった濃さがあり、オイルドラフアウトレザー(スエード)使用ですので、通常のスエードに比べると水などに強い革となっています。
今回も使用されているグロコードソール「King-B(キングビー)」は、1950年代までレッドウイング社で使われていたソールで、元々はコード(紐)を混ぜ込んだラバーで作ったソールです。
コードの先端がソールのトレッド面に垂直に出る製法で、路面との摩擦係数を高め、滑りを防ぐソールとなります。
グリップ力が高く、負荷を軽減してくれる柔らかいソールを再現し、足に馴染みやすく履き心地も抜群です。
デニムやワークパンツなど、細身から太めのシルエットまで幅広いコーディネートに御使用頂けるブーツとなっております。

Please send us a message HERE or send a mail to info@jelado.com for overseas purchases. We only accept Paypal.