"JOHN GLUCKOW" 2018 A/W "Trailblazer" Iron Horse(アイアン・ホース) ブラック [JG33405]

"JOHN GLUCKOW" 2018 A/W "Trailblazer" Iron Horse(アイアン・ホース) ブラック [JG33405]

販売価格: 228,000円(税別)

サイズ::
数量:
"JOHN GLUCKOW" 2018 A/W "Trailblazer"
Iron Horse ブラック

JOHN GLUCKOWコレクションの中で初めて生産されたレザージャケット。
今回は、世界的に見ても珍しいリバーシブルタイプのレザージャケットとなります。
表面はホースハイド(馬革)。
染料で染められた馬革で、馬革独特のキズやムラなども分かるヴィンテージライクな革となります。
芯まで黒に染められた革となり、茶芯の革と違い、着込んで頂くとツヤ感が強く出て、黒独特の光沢感が出てくるレザーとなっています。。
裏面には、ウール95% ナイロン5%の、しっかりとした厚さとしなやかさを兼ね備えたウールナイロン生地。
袖裏は裏地が張られていないので、裏面で着用頂くとスエード地での着用となります。
裏地が無い分、腕に圧力がかかり辛く、馴染みやすい仕上がりとなっています。
ボタンは、樹脂系練りボタン。
首元もウール100%のニット地で、袖口はボタン止めのカフス仕様。
ウエスト部分もボタンで調整が可能な作りとなります。
シルエットは、ヴィンテージライクなデザインながら、スッキリとしたシルエット。
ヴィンテージ感のある馬革とクラシックなデザイン、そして両面で着用頂ける機能性とMade in Japanのクオリティーの高さを存分に感じて頂ける拘りのジャケットとなっております。


【John Gluckow説明文】
Iron Horseは、ただのホースハイドのコートではありません。
こちらの形は日本のビンテージの世界では度々「カーコート」と呼ばれていますが、実はこれはそれほど正しい呼び名ではありません。
これらのコートは1910年代から1940年代に広いレンジのワーカーのために作られたもので、正確に言えば運転のためだけのものではありませんでした。
Iron Horseはどの洋服ともよく合いコーディネートをすることができるでしょう。
第一に、シェルは厚く耐久力もあり、なおかつ十分な心地良さを持つ柔らかさの上質なホースハイド使用しています。
そして次に、リバーシブルです。
身頃の裏地はグレイのウールチェックを使用、そして一方ではスリーブは裏地を付けていません。
内側をひっくり返した時、ブランケットウールとスエードの2トーンのコートとなります。
最後にニット襟はしっかりと閉めることができ保温性を持たせながら、同時に見た目もシャープです。
カラーはブラックとブラウンからお選びいただけます。


The Iron Horse is much more than a horsehide coat. While this shape is often termed a "car coat" in the Japanese vintage world, it’s not really the correct term. These coats were made in the 1910s to 1940s for a wide range of workers, but definitely not simply for driving. Ours is versatile enough for whatever wear you can dish out. First, the shell is true horsehide, thick and tough, but soft enough to be comfortable. Next, it's reversible: the body is lined in a grey wool check, while the sleeves are unlined; so when reversed, it becomes a two-tone garment of blanket wool and suede. Finally, the knit collar stays close to keep you warm, while simultaneously looking sharp. Available in both black and brown.


"XS" 肩幅 40.5cm 身幅 46cm 着丈 63m 袖丈(肩上〜) 56cm

"S" 肩幅 42cm 身幅 48.5cm 着丈 65cm 袖丈(肩上〜) 58cm

"M" 肩幅 44cm 身幅 52cm 着丈 67cm 袖丈(肩上〜) 60cm

"L" 肩幅 46cm 身幅 54.5cm 着丈 69cm 袖丈(肩上〜) 61cm

"XL" 肩幅 48cm 身幅 58cm 着丈 71cm 袖丈(肩上〜) 61cm



"Trailblazer"
今年の春、“Trail Blazing”-トレイルブレイジング-のコンセプトを発表しました。
そして2018AW では更にこの世界が広がります。僕達の英雄、ユリシーズ・スペンサーが仕事、そして生活する為にまだ若い(新しい)州でもあったユタに住む伯父のサイラスのところへ旅行しました。
トレイルを作る事そしてアメリカのもっとも美しいとされる州の中のひとつにあたる、国有地(公有地)の一つを調査する事はユリシーズに独特な(貴重な)機会そしてアメリカの本質に対する新鮮な見方を与えました。
彼が後にしたニューヨークシティとは全く異なり、ロッキーの原生自然はユリシーズに彼自身の人生、そして未来についてもっと大きく、広く考える事を教えてくれました。
今、煤けた小さな街のストリートに滞在する事は彼にとっては不可能な事のように思えました。
伯父サイラスと一緒に働いた後、ユリシーズはもっと世界を見てみたい衝動に掻き立てられました。
そして遂に彼はキャンプ、ハイキングをしながら針路を西にとりサンフランシスコに向かいます。
そして海での生活を送ります。
ただその前に彼のユタでの経験をもう少し。そうです。冬の到来です。ユタの冬は厳しく、原生自然を自力でハイキングして通過する事を許しません。ユリシーズは西へ出発する前に、その冬を叔父のサイラスと切りぬけます。そして彼はワサッチ山脈の冬を切り抜ける為新しい道具(ギア)が必要でした。
伯父のサイラスはどこでその道具を買えるか知っていました。
第一にユリシーズが必要だったものはキツイ仕事そして厳しい気候に耐える為のレザーコートでした。
なので、彼はホースハイドのコートをStrongarm Clothing & Supply Catalog からオーダーしました。
これは良くある在りきたりなレザーコートとは違い、ニットカラー(襟)のついたリバーシブルコートで寒気をシャットダウンするといったものでした。
そして地元の商店で、彼らはそのレザーコートの下にレイヤーとして使う為のウールベスト、そしてユリシーズが仕事の日に着る為のストライプのワークジャケットをピックアップしました。
ユリシーズの冒険は、いつかは終る日が来ます。ただあなた方は違います。 今季のAW のコレクションは冒険し続ける貴方の助けになるでしょう。ユリシーズの冒険の為の道具に加え、いつくかの僕等のお気に入りをとても新しい形でリリースしています。
例えば、前回大変人気を博した、Deep Freeze Parka はカモフラージュ×カーキの生地を使用した全く新しいカタチで
仕上げております。そしてField Trousers Special は僕達のスタンダードのミリタリートラウザーをリバーシブルにしてお
ります。僕達は常に前進し続けます。その一方では過去に目を向ける事も忘れません。
Ancient & Modern と僕達が言っているように。


詳細写真/Photos

  • 身長170cm 63kgの矢澤でSサイズ着用。
    シャツ+ベストでジャストサイズとなります。
Please send us a message HERE or send a mail to info@jelado.com for overseas purchases. We only accept Paypal.